婚活がうまくいかない人には要因がある

婚活がうまくいかないと悩んでいる人も多くいると思いますが、うまくいかないのには理由があります。

いくつかうまくいかない要因を紹介しますが、1つでも自分にハマっていれば「要注意」です。ダラダラと婚活を続けるのは、これを読んで終わりにしましょう。

婚活歴2年以上と言う人は、、、

自分は婚活を始めてどれくらい経つのかをまず考えてみましょう。もしも、婚活を開始して「2年以上」経過しているという人は要注意です。この先、婚活を続けていても、運命の人と出会う確率は低いです。

婚活がうまくいかない理由には、「学歴」や「年収」、「容姿」といったスペックとは関係ないところにあります。

ベテランのコンサルタントによれば、初めて話をした瞬間で「この人は結婚が難しそう」や「この人はすぐに結婚するだろな」というのがすぐわかるそうです。

なので、ダラダラと婚活期間を延ばすのはやめにしましょう。

プライドが高い、頑固な性格

婚活している人の中では一人は必ずいると言っていいのが、「プライドが人一倍高いタイプ」です。

簡単に言えば、結婚するのが最大の目標にしているのではなく、「人に自慢できる相手を探している」のです。

高スペックな人や学生時代に少しモテた経験がある人に多く、末期症状の人も多くいます。他人に注文が多すぎるのです。

今の自分が魅力的で素敵な人なら、すぐに相手が見つかるはずです。見つからないということは、自意識過剰な自信や言動が目につくということです。

婚活には、高いプライドなどは不必要なものです。自分中心の考えをやめ、相手のことを考えるようにしましょう。

自立していない、未熟な精神

自分のための婚活なのに、親が付き添って相談に来たりする人がいます。

社会的、経済的には自立しているように見えても、精神的に自立していない人はたくさんいます。そういう人は、新たな世界に飛び込む勇気がありません。

自分の世界観からどんどん出ていき、様々な人や文化、価値観に耳を傾けることも大事です。自立することで、婚活がうまくいくことになる第一歩になるかもしれません。

まとめ

婚活をうまくいかすためには、自分を変えることが大事になります。どれか1つでも合ったなら少し考えた方がいいかもしれません。

婚活をうまくいかすためにも、我慢することも必要になります。